ココモ法と言うのがあるらしい


プロのギャンブラーも使っているシステムベッティングの1つにココモ法と呼ばれるものがあります。これからココモ法を利用してオンラインカジノを楽しみたいと考えているのであれば、その利点や欠点はもちろんですが、最大の連敗確率はどれぐらいなのか、損切りのポイント等はあるのかなど、しっかりと把握しておくことが大切です。
まず最初にオンラインカジノで使うことができるシステムベッティングの1つココモ法は、負けた際に賭け金を2倍にするマーチンゲル法を変化させたシステムベッティングに当たります。1回勝つことができればそれまでに失った損失額を全て取り戻すことができる点が特徴です。使うことができるのは3倍配当のゲームであり、確実に利益を獲得したいと言う場合には非常にお勧めです。
この攻略法には利点がありますが、その1つは資金が少なくても利用できることです。連敗しても最初のうちは資金の上がり方が緩やかです。このようなことから資金が少なくても利用できるシステムベッティングとして非常に有名です。100ドル以下の資金でも十分に活用できるため、比較的リスクが低いと言えるでしょう。また1回の勝ちで利益を出せることも利点といえます。一度勝てば損失額を回収するのはもちろんですが、利益を獲得することが可能です。他のシステムベッティングを見てみると、1サイクルが終わっても利益を見出せないものもありますが、3倍配当のゲームを使うココモ法であれば、必ず手元には利益が残る仕組みが整っています。負けの数が圧倒的に多くても、数回勝利するだけで、コツコツと利益を貯めることにもつながります。また連敗すればするほど大きい利益を獲得できます。何連敗がした後に勝利するかにより、得られる利益が異なります。勝ちと負けを交互に繰り返すよりも、負けが続けば続くほど、その後に勝つ時の配当額が大きくなるのです。連敗が続くと賭け金が大きくなるため精神的なプレッシャーを感じやすくなるかもしれませんが、その分一勝したときに得られる利益はかなりのものです。リスクをとってるとハイリターンが期待できるため、この攻略法の面白い部分と言えるでしょう。
比較的欠点の少ないシステムベッティングに当たりますが、実は潜在リスクが隠れています。欠点についても事前に確認しておくことが重要です。その1つは2倍配当のゲームで利用することができない、です。3倍配当のゲームで使うことができるシステムベッティングにあたり、2倍配当のゲームでは使うことができません。2倍配当のゲームで使うと、連敗すればするほど損失が膨らみ、数回勝利しても回収することができません。カジノゲームにおいては、3倍配当のゲームよりも2倍配当のゲームの方が豊富にあります。利用できるゲームが限定されてしまう事は欠点と言えるでしょう。また連敗する可能性が高いことです。3倍配当のゲームで利用することになりますが、勝率は3分の1、つまりは33%ほどです。運が悪ければ連敗が続いてしまうことも大いに考えられるのです。例えば勝率が2分の1の2倍配当ゲームと3倍配当のゲームの五連敗する確率を比較してみると、2倍配当の場合にはたったの3%ですが、3倍配当の場合には約13%に上がってしまいます。つまり一生する前に資金が底をつく可能性が大いに考えられるのです。そして3つ目にはマックスベットに達してしまう可能性があることです。勝率が3分の1であるため、連敗の可能性があると分かりましたが、連敗すると賭け金の上がり方が急激に高くなるため、この点にも注意が必要です。最初の賭け金を1ドルとして万が一15連敗すると、なんとその賭け金は610ドルにもなってしまいます。最初のうちは増え方は緩やかなのですが、10連敗以上すると、賭け金の上がり方はかなり上がります。賭け金がテーブルリミットに達し、ゲームを継続できなくなる可能性も大いに考えられるでしょう。ゲームによりテーブルりみとは異なるものの、低い場合には100ドル程度に設定されているところもあるため、十分な注意が必要です。
ココモ法は一度勝てば利益を出すことができ、連敗すればするほど利益が大きくなります。これにより損切りをすることなくいつまでも継続するプレイヤーも数多く見られます。つまりは1度の勝利を期待して、どんどんゲームにのめり込んでしまうと言うことです。しかしテーブルリミットや資金のことを考えた場合には、ある程度の連敗で損切りをする必要があるのは事実です。資金が不足したら早めに損切りをすることが望ましいです。このまま連敗すればあと2回しかゲームが続けられないと言う状況であれば、かなりリスクが高いです。一度リセットした上で、賭け金を最初に戻した方が良いでしょう。資金に関係なく、どれだけ連敗したらリセットするのかをあらかじめ決めておくことが大切です。3倍配当のゲームの場合には連敗が続くこともあるので、あらかじめ損切りについて考え、大損しないように十分に注意しましょう。